うつ病は治らない病気じゃない!周囲の協力で完治できる!?

うつ病 治らない

 

うつ病を一旦患うと、完治したと思っても再発する場合があります。そのため、うつ病は「治らない病気」と思われがちです。

 

本当にうつ病は治らないのでしょうか?

 

 

うつ病の原因を勘違いしている?

 

うつ病 治らない

 

精神的なストレスが、うつ病の主な原因とされています。精神的なストレスというのは、職場における人間関係であったり、学校での友人との関わりなど、日常生活において常に受けるストレスで、その量が許容を超えるとうつ病になると考えられています。

 

ですがうつ病が治らないと思っている人は、「精神的なストレス」だけがうつ病の原因だと考えている場合も多いのです。

 

 

精神的なストレスだけがうつ病の原因ではない

 

うつ病 治らない

 

うつ病の原因となるストレスは、精神的なものを含めると4つあると言われています。精神的なストレスは自身も実感しやすいのですぐに気付くのですが、その他のストレスは知らない間に体に影響を与えているのが厄介な点です。

 

現代病として話題になっている「体のゆがみ」ですが、働く女性に多くなってきたとされています。というのも、同じ姿勢で仕事を続けていると、体はどんどん悪い方向へゆがんでいきます。

 

スポンサーリンク

 

体がゆがむと、体全体に負担がかかり、それが最終的に脳にまで達します。すると疲れやすくなり神経伝達物質の分泌が異常となるのでうつ病を患うとされているのです。

 

人間関係は良好で、仕事も特に問題なくてもやる気が起きなかったり、朝はダルくて会社に行きたくなくなったりしてきます。

 

これらは「構造的ストレス」と呼ばれるもので、放置しておくとうつ病になりやすいので要注意です。

 

 

うつ病は完治できる

 

うつ病 治らない

 

精神的ストレスを含めると、4つのストレスがうつ病を引き起こす可能性が指摘されているので、うつ病は全体のストレスを減らさないと治らないのです。

 

スポンサーリンク

 

体を休めて安静にしていても、仕事や学校を休んで刺激をなるべく受けない生活をしていたとしても、違う部分からストレスを受けていれば、気持ちが晴れることはありませんし、心は休息されません。

 

しかし安心してください。うつ病は本人だけでなく周囲の協力があれば、完治させることは可能です!

 

 

周囲の協力によってうつ病を完治させよう

 

うつ病 治らない

 

うつ病が治らないといわれるのは、再発率が高いことと、精神的ストレスのみが原因だと思っているからです。この勘違いをみとめて、生活を改善させていけばきっとうつ病を治せるでしょう。

 

普段から気をつけることは、薬を服用して体を休ませるだけでなく、姿勢を正して、気温や刺激におけるストレスを感じないような環境を作る必要があるでしょう。姿勢が悪いと、体に負担がかかるのでストレスを感じます。

 

単純に寝ていれば良いというわけではなく、様々なストレスが自分にかかっていないかをチェックしてみましょう。

 

 

うつ病は治らないとよく言われますが、これは勘違いであってしっかりと対応をすれば、きっと治ります。それには、うつ病になる原因をしっかりと把握して、周囲の協力のもと対処していく必要があるでしょう。