大人がなりやすい心の病「うつ病」…休職がうつ病を治す特効薬

うつ病 休職

 

うつ病は自分の気持ちとは裏腹に、気分が冴えなかったりやる気が起きなくなります。心の病気なので、根性でどうにかなる問題ではありません。

 

そんなうつ病を克服するには、思い切って休職する必要があるようです。

 

 

大人がうつ病になりやすい

 

うつ病 休職

 

うつ病は、誰にでも発症する可能性がありますが、子供よりもサラリーマンなどの仕事をしている人に多いと言われいます。

 

職場は、その現場にいるだけでもストレスを感じる場所です。そして仕事ではさらにストレスが発生するので、うつ病になりやすいと考えられています。

 

そんな場所ですから、うつ病を治したい場合には思いきって休職をしてみるのが良いでしょう。心の休息を取るのが一番重要なのですから。

 

 

休職は中々取りづらいのが現実

 

うつ病 休職

 

とは言っても、働いている人ならば分かるかもしれませんが、仕事を一定期間休むというのは、中々できませんよね。周囲に迷惑をかけますし、人手が足りない職場では、1人欠けるだけでもかなり痛手となります。

 

スポンサーリンク

 

休職が必要だとわかっていても、その一歩を踏み出せない人が非常に多いのが現状です。

 

もしかしたら、会社をクビになるかもしれませんし、上司に怒られる可能性もあります。そうなると、休んでられませんから無理して職場に行ってしまうものです。

 

ただここで思い出してほしいのは、「うつ病は心の病気」だという点です。

 

 

心を休ませるための休職

 

うつ病 休職

 

心の病気ですから、心をまずは休ませなければいけません。ところが、いきなり「心を休ませろ」と言われても難しいですよね。

 

そこで眠くなくても、まずは体を安静にさせ、ストレスのかからない環境を整えるのが重要なのです。普段とは違うリラックスできる環境を用意できれば、うつ病を回復させられる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

仕事先に迷惑をかけるという気持ちが強いのは仕方ありません。責任感が無ければ、仕事を続けられませんからね。

 

それでも、休職制度が整っている会社であれば、思い切って使います。産業医がいる場合は、産業医に相談して上司と面談を持ち休職を得られるケースもありますので、まずは相談してみるところから始めましょう。

 

 

休職後は無理をせずに周囲のサポートをうけよう

 

うつ病 休職

 

うつ病は完治するのが難しいので、どのタイミングで復職できるのか難しい問題があります。医師の診断を定期的に受けながら、無理をしない範囲で復職の手続きを取るようにしましょう。

 

うつ状態が治まってきたとしても油断はできません。いつ、どのタイミングで再発するか分からないので、休職後も周囲のサポートは必須と言ってよいでしょう。

 

 

うつ病を治すには、原因を特定する必要があります。もし仕事が原因の場合は、休職をも視野に入れておきましょう。

 

休職制度が導入されている会社であれば、従業員はその権利を得ているので、積極的に使って構いません。もし導入されていない場合は上司や社長に相談して、医師の診断書を提出しましょう。