うつ病の方の多くが悩まされる頭痛の起こる原因と改善方法

うつ病 頭痛

 

うつ病になると、精神的に不安定になり1日のうちでも気分が落ち込んだり、高揚したりするので自分でもコントロールが難しくなります。

 

心の問題だけでなく、うつ病は体にも直接的な影響を与えると考えられています。そのひとつが頭痛です。

 

 

原因が特定されない頭痛はうつ病の可能性大!

 

うつ病 頭痛

 

あまり知られていない内容ですが、うつ病患者の6割は症状として「痛み」を訴えています。

 

この痛みは、実に様々な箇所で発生するので一概に「ここ」と指摘はできませんが、多くの人が経験している共通の痛みは「頭痛」です。

 

内科や整形外科等で原因が特定できない頭痛は、うつ病などの精神疾患が影響している可能性があり、精神科を紹介してくれる場合もあるようです。

 

 

頭痛が起きる原因とは?

 

うつ病 頭痛

 

うつ病で頭痛がどうして起こるか、まだ明確には解明されていません。

 

それでも、最近は「モノアミン」という物質が少なくなると痛みを感じやすくなることが分かり、これが原因のひとつではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

 

モノアミンとは、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンという神経伝達物質の総称です。これが少なくなると、気分の落ち込みなどが生じてうつ病になると考えられているのです(モノアミン仮説)。

 

 

うつ病によりモノアミンが減少してしまう

 

うつ病 頭痛

 

この「モノアミン」ですが、気分をコントロールしているだけでなく、「痛みの抑制」にも影響を及ぼしています。

 

脳には下行性疼痛抑制系というものがあり、痛みを抑制する働きを持つ神経としてとても重要な働きをしています。下行性疼痛抑制系の神経に関わりを持っているのが、モノアミンなのです。

 

スポンサーリンク

 

モノアミンの中でも、ノルアドレナリンという物質が放出されると痛みを和らげてくれます。

 

うつ病によって痛みが生じるのは、モノアミンが減少してしまうことで痛みを抑えるチカラが弱まってしまうのが原因なんですね。

 

 

うつ病の頭痛の特徴がない?

 

うつ病で引き起こされる頭痛は、特徴を持っていないと言われます。偏頭痛や二日酔いの頭痛のように、激しい痛みを伴ったり、突如として鋭い痛みが襲ってくるという特徴がなく、ただ
単に「痛い」というだけのようです。

 

その中でも比較的多いのが、鈍く慢性的な痛みであり、長時間ジリジリと痛みます。

 

 

抗うつ剤が頭痛を抑える

 

うつ病 頭痛

 

ではうつ病で頭痛が引き起こされた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか?

 

これには、いくつか方法がありますが、一番効果的なのが「痛みを緩和してくれる抗うつ剤」を使用するというものです。

 

ノルアドレナリンが痛みの抑制に大きく作用しており、その分泌が弱まっているので頭痛が引き起こされるわけですから、ノルアドレナリンを増やす抗うつ剤が改善に効果的なのです。

 

 

うつ病は気持ちが落ち込むという変化だけでなく、頭痛などの体にも作用してきますからしっかりと対応をする必要があるでしょう。