うつ病を治療に効果がでる抗うつ薬の特徴と種類

うつ病 薬

 

うつ病になると、精神を落ち着かせたり、神経伝達物質の量を調整するような薬が処方されます。ですが、処方される薬の量が多いと「薬漬けにされる」という危機感を覚えるようです。

 

うつ病に効果的な薬は、基本的に1種類しか処方されずに治療が進むのですが、その基本的な知識を得ている一般人は少数に留まっているようです。

 

うつ病への薬にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

「周囲の理解」がうつ病を治していく

 

うつ病 薬

 

うつ病という言葉は、少しずつ認知されてきましたし、どういった症状が現れるのかも以前に比べれば知られてきました。しかしながら、まだまだ完全に理解されるようにはなっておらず、見当違いな発言や対応をされて、症状が余計に悪化する患者さんもいます。

 

うつ病の一番の薬は「周囲の理解と対応」になりますが、その一番の薬が中々全員の患者さんに届かないというのが現状のようです。

 

怪我をしたり、風邪を引いたりという「見た目」で判断できない、心の病気がうつ病の特徴ですから仕方がない部分もあります。そんなときは、医師から抗うつ薬を処方してもらい、治療を進めていきます。

 

 

日本で処方される抗うつ薬の種類

 

日本で現在使用可能な抗うつ薬は、全部で6種類あります。

 

代表的なものに、SSIR(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、そしてNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン行動性抗うつ薬)です。

 

スポンサーリンク

 

うつ病は、基本的にセロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質が減少したり、それによって発生する受容体数の増加が関係していると考えられています。

 

神経伝達物質は、気持ちを安らかにしたり、明るくするという精神的な活動を支える大切なものです。それが正常の人に比べて少ないことにより、やる気が無くなり、気持ちが落ち込んでしまうのです。

 

 

抗うつ薬に効果がでる理由

 

うつ病 薬

 

抗うつ薬は、減少してしまった神経伝達物質の代わりに、受容体という場所に結合して神経伝達物質がもとの神経細胞に再び取り込まれるのを「阻害」する役割を持ちます。

 

これによって、神経伝達物質の量を正常に近い状態に戻すのです。

 

スポンサーリンク

 

基本的に抗うつ薬は、副作用が比較的少ないとされています。副作用の影響でさらにストレスが溜まり症状が悪化するのを防ぐ狙いがあるからです。

 

それでも万全とは言えず、眠気や排便困難などの副作用が発生する場合もありますので、服用を続けていきその効果を見極める必要があると言えるでしょう。

 

 

抗うつ薬は患者それぞれによって効果が違う

 

うつ病 薬

 

抗うつ薬は、急性期の治療や再発防止のための持続療法等に用いられます。7割ほど患者さんには効果がありますが、それでも個人差があって抗うつ薬がまったく効かない場合も当然ながらあるのです。

 

たとえば、Yという薬が全員に効くのではなく、もし効かない場合はZという薬を服用して様子を確かめてみるのが現在の治療です。

 

最近は、SSRIやSNRIが最初に服用されるケースが多いのですが、これらの薬でも種類によっては効果や副作用などは患者さんによって違ってきます。

 

抗うつ薬は、効果が実感できるまでに2週間〜1ヶ月ほどの期間が必要ですので、我慢できないほどの副作用でない限りは、地道に服用をして様子を見る必要があるでしょう。

 

 

うつ病の薬は、全員に「これ」といえるものはなく、服用をして副作用が激しくないかどうかを確認しながら、少しずつ確かめていくのが良い方法です。

 

効果も1ヶ月程度経過してから分かってきますので、地道に服用し続けていきましょう。