60%以上の再発率があるうつ病!そんな再発を防ぐ3つの方法

うつ病 再発

 

現代はストレス社会と言われており、職場や家庭で毎日のようにストレスを抱える環境にあります。問題になっているのは、ストレスによって発症するとされる「うつ病」になる可能性が高くなっていることです。

 

そんなうつ病は、再発しやすい病気だと言われています。どうしたら再発を防げるのでしょうか?

 

 

うつ病は再発率が高い

 

うつ病の再発率は60%とされており、他の病気に比べても高い傾向です。再発後に、また再発する可能性はそれ以上と言われていますから、治療を進めていっても油断は禁物です。

 

再発する原因としては、心が完全に休まっていないという点が挙げられます。うつ病は、セロトニンに代表される神経伝達物質の分泌量が、健康な人に比べて異常なため感情のコントロールが難しくなります。

 

スポンサーリンク

 

薬の服用や安静をして、心と体のバランスを保っている間は大丈夫でも、再びストレスがかかる環境に身を置かれると再発してしまうようです。

 

心は目で確認できないので完治したかどうかが分からないというのもあります。

 

 

再発を防ぐには症状を無くす

 

うつ病 再発

 

うつ病の再発を予防するには、第一に「うつ病に見られる症状」を無くす必要があるでしょう。医師の指示を守り、薬の服用を確実にしてから休息を取ります。

 

怪我とは違い自分でも完治したかどうかが分かりにくい病気ですから、まずはしっかりと安静をしておく必要があるのです。気持ちが安定してきたからといって、それが完治の証明とは限りません。

 

スポンサーリンク

 

中途半端な状態で、職場や学校に戻るとストレスがかかるので、うつ病の再発が懸念されるのです。

 

まずは病院で何度も診断を受けて、心がどの程度安定してきたかが分かるまでは、休職や休学をするようにしましょう。

 

 

なぜうつ病になったのか原因を知ることが大切

 

うつ病 再発

 

うつ病の再発を予防するには、どうしてこの症状が出てしまったのか具体的に原因を考えていきます。そこから自分に足りない部分をトレーニングで補い、うつ病を発症しないカラダ作りをしていくのです。

 

職場で仕事によるストレスや人間関係の重圧など、ヒューマンスキルが求められる場所で心身を壊してうつ病を発症してしまった場合、まずはヒューマンスキル強化のために、トレーニングをする必要があるでしょう。

 

学校や職場、役職などそれぞれ置かれた環境は違いますから、その環境に合うヒューマンスキルを身に着けていかなければなりません。

 

 

周囲のサポートが再発を防ぐ

 

うつ病 再発

 

うつ病は、何も自分が力不足だから発症したというわけではありません。周囲の環境にも大きな原因があります。

 

たとえば、いじめやセクハラ、そしてパワハラやストーカーが原因でうつ病になったなら、それは自分自身で解決できる類の話ではありません。

 

こうした外部の環境や置かれている立場が原因でうつ病を発症してしまう人は、同じ場所に戻ったら高い確率で再発してしまいます。そうならないために、自分で改善行動を取るのは中々難しいものです。

 

このようなタイプの発症を防ぐには、医師やカウンセラー、周囲の仲間の存在が必要不可欠です。自分一人では解決できない問題ですから、何でも相談できる安心感が身近にあると、症状の回復も早いですし、再発を防げるようです。

 

 

うつ病は再発率が高い厄介な病気です。普段考えたことの無い人でも、ちょっとした環境の変化などでいつでも発症する可能性はあります。

 

そうなった時に、再発をしない取り組みを行う必要があります。今回紹介した再発の予防方法は、置かれた環境、発症した状況別で掲載していますので、それぞれを参考にしてみてくださいね。