うつ病は「心」と「体」の双方からの治療が最も適した治し方

うつ病 治し方

 

誰でも発症する可能性がある「うつ病」。心の風邪とも表現されるように、いつ自分がうつ病になっても良いように基本的な知識を身につけておき、周囲で発症する人がいた場合は、理解してあげられるようにしておく必要がありあす。

 

うつ病の治し方で重要なのは、「心」と「体」の双方から治療を試みることです。

 

 

うつ病は外見で判断しにくい

 

うつ病 治し方

 

うつ病は、外見の変化で他人が判断できるものではありません。インフルエンザや骨折など、具体的に検査や外見から判断できれば、周囲もそういった状態だとして認識をしてくれるので、理解もされやすいです。

 

ところがうつ病は、外見に変化は見られませんし、性格が変わるというのもあまりありません。もちろん怪我をしていませんし、風邪を引いているわけでもありません。その状態から、周囲に理解を得てもらうのはかなり難しい部分があります。

 

ところが、うつ病の治し方で一番重要なのは「周囲の理解と協力」であることは、常に言われてきている部分です。

 

 

「心」のサポートがうつ病を克服させてくれる

 

うつ病 治し方

 

うつ病の治し方である「周囲の協力」は、どちらかというと「心」からのサポートです。相手の環境を知り、負担にならないように休職の準備をしてくれたり、就業時間を特別に配慮してくれたりすると、うつ病は治りやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

心の病気ですから、あまり刺激を受けない環境を周囲がどれだけ作れるかが、非常に重要になります。ストレスをうけずに、「この病気は必ず治るんだ!」という強い気持ちを持ち、前向きに考えられるようになるためには、まずは周囲の理解と協力が必要不可欠です。

 

 

「今」を考える時間が必要

 

うつ病 治し方

 

次も「心」に関係するうつ病の治し方ですが、「将来を考えない」という部分を常に持って、「今」を一生懸命考えるクセを身に付けます。

 

周囲が理解してくれている前提ですが、現在の仕事に集中をして、ちょっとした愚痴などを聞いてくれるのであれば、自然とうつ病が治っていく場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

うつ病は、神経伝達物質が正常よりも少ないと言われており、ネガティブや暗い気持ちになりやすい傾向があります。

 

未来を考えようとすると、どうしても明るい方向に行かないので、むしろそんなことを考える暇も無いほど、「今」を充実させるのが、うつ病の完治への近道です。

 

 

うつ病を「体」から治すには根気が必要

 

うつ病 治し方

 

最後に「体」からの治し方です。心の病気ですから、基本的な治療は心が中心ですが、医師の診断を受けて処方される「薬」を指定された容量や用法を守って服用を続けるというのも大切な治療です。

 

抗うつ薬は、1日や1週間で効果が実感できる類のものではなく、個人差もありますが大体2〜4週間ほどは服用を続けなければいけません。激しい副作用でなければ、根気良く飲み続ける必要があるでしょう。

 

「体」のほうの治療は、根気がかかりますが、効果は高いと言われています。

 

 

うつ病の治し方は現在、「心」と「体」の双方から治療を進める方法が採用されています。取り巻く環境から薬の服用方法まで、うつ病の治療は簡単ではありません。

 

ですが根気良く取り組んでいけば、結果はまた違ってきます。うつ病の治し方の基本的な知識として、今回紹介した方法を学んで活かしてみてくださいね。